typememo.jp

Gmail API Scopes 日本語訳

2020.07.29

#tech#gmail

Contents

  • はじめに
  • おわりに

はじめに

Gmail scopes によれば、Gmail API に与える権限は以下の通りです。

Scope CodeDescriptionHandling Risk
https://www.googleapis.com/auth/gmail.labelsラベルの作成、読み込み、更新、削除のみを許可する!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.sendメッセージの送信のみを許可する!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.readonly全リソースとそのメタデータの読み込みを許可する!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.compose下書きの作成、読み込み、更新、削除とメッセージと下書きの送信を許可する!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.insertメッセージの挿入とインポートのみを許可する!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.modify全ての読み込みと書き込みを許可する。しかしメッセージとスレッドの即時及び永久的な削除を除く!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.metadataラベル、履歴、メッセージのヘッダーの読み込みを許可する。しかしメッセージの本文と添付の読み込みを除く!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.basic基本設定の管理を許可する!!!
https://www.googleapis.com/auth/gmail.settings.sharing転送ルールやエイリアスなどの取り扱いに注意が必要な設定の管理を許可する!!!
https://mail.google.com/全てを許可する!!!

例えば、とあるメッセージを受信して、そのメッセージを転送して、未読のラベルを削除したい、そんな時は以下のように SCOPES を配列として定義します。

SCOPES = [
"https://www.googleapis.com/auth/gmail.send",
"https://www.googleapis.com/auth/gmail.modify"
]

おわりに

Gmail API Scopes についての日本語訳でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


山田 武尊 / 立教大学(理学) / ACCESS CO LTD