typememo.jp

Gmail 生産性向上テクニック - スレッドとビューワーを分割する

2020.08.02

#tech#gmail

Contents

はじめに

Gmail の受信トレイをスレッドとビューワーに分割する方法の紹介です.

大学でも仕事でもよく使うツールの一つが Gmail ですよね。

Mac とか Windows とかの純正メールアプリを使っている人も多いかと思いますが Gmail はブラウザだけで完結します. なので、容量の大きい添付ファイルとかが積み重なって、データ容量を圧迫するような心配もありません. やはり,使い勝手の良い Web サービスだと思います。

でも、そんな Gmail もデフォルトのままだと少し使いづらさを感じることがあります. Gmail のトップページって受信トレイしか表示されていないんですよね...

Mac の純正メールアプリは、メールスレッドとメール本文が分離していて、メールスレッドを選択すれば、すぐにメール本文が読めるようになっているんです。

これを Gmail でも実現できないかといろいろ模索し、ついに解決方法を見つけました。

この記事では、その解決方法を紹介します。

結論: 受信トレイをメールスレッドとメールビューワーに分離する

最終的には、Figure.1 のように、メールスレッドとメールプレビューを分割して表示できるようにしました。

gmail-separate-thread-and-preview Figure.1 受信トレイをメールスレッドとメールビューワーに分割した図

キーボードの↑と↓でメールスレッドを移動して、マウスやトラックパッドで本文をスクロールすれば、純正メールアプリと同じような操作性を実現できます。

以下が設定方法です。

設定方法: プレビューパネルを有効にする

まずは、Gmail の設定を開いてください。(Figure.2)

gmail-settings Figure.2 Gmail 設定

設定を開いたら、“詳細設定” タブをクリックして、“プレビューパネル”を有効にしてください。(Figure.3)

gmail-enable-preview-panel Figure.3 プレビューパネルの有効化

プレビューパネルを有効にしたら、“変更を保存” をクリックして、変更した設定を有効にします。

受信トレイに戻ると、設定ボタン の左隣に標準の HTML 形式と分割表示の切り替えボタンが表示されています。(Figure.4)

gmail-enable-separate-mode Figure.4 分割表示の有効化

このボタンを押すと、分割表示に切り替えることができます。もちろん、今まで通りの受信トレイに切り替えることもできます。

以上で、設定完了です。

お疲れ様でした。

おわりに

Gmail の受信トレイをメールスレッドとメールビューワーに分割する方法の紹介でした。

Gmail は普段使っているサービスですが、ほとんどの人がデフォルトのまま使っています。デフォルトのままでも十分使いやすいサービスですが、少しカスタマイズするだけでも格段に使い勝手が上がります。

最後までお読みいただきありがとうございました。


山田 武尊 / 立教大学(理学) / ACCESS CO LTD