typememo.jp

git config – git の設定ファイルの優先度を深く知る

2020.11.27

#tech#git
Takeru Yamada

Contents


はじめに

Git 設定ファイルの優先度について調べたことをまとめました.

システム設定,ユーザー設定,リポジトリ設定の3段階の優先度があります.

各段階の設定コマンドについても書いておきました.

この記事があなたの役に立つものであるならば,筆者としてそれ以上に嬉しいことはありません.

それでは参りましょう.

参考:


git config – Git 設定ファイルの優先度

$ git config コマンドで Git の設定を行うことができます.

Git は以下の順番で設定ファイルを参照しにいきます.

設定は後勝ちです.

システム設定 < ユーザー設定 < リポジトリ設定 の順番で優先度が強いです.

  • /etc/gitconfig
    $ git config --system で編集可能.
    システム設定.
  • ~/.gitconfig or ~/.config/git/config
    $ git config --global で編集可能.
    ユーザー設定.
  • .git/config
    $ git config --local で編集可能.
    リポジトリ設定.

コミットメッセージを書くときは vscode を使いたいなーと思ったら, ユーザー設定で core.editor に vscode をエディターとして設定すれば良いです.

一方,コミットメッセージテンプレートはリポジトリ固有にしたい場合は, リポジトリ設定で commit.template に各リポジトリ別々に, コミットメッセージテンプレートを設定すれば良いです.

ちなみに $ man git-config$ git config で使用できるオプションなどを全て閲覧できます.

より詳しく知りたい方は公式ドキュメントを読むといいと思います.


おわりに

Git の設定ファイルの優先度についての説明は以上になります.

複数のプロジェクトや複数のリポジトリを扱っている人は, 是非ともリポジトリ設定をご活用していただき快適な Git 生活を送っていただければと思います.

筆者も仕事用と趣味用のリポジトリ設定を分けて快適に過ごしております.

最後までお読みいただきありがとうございました.

応援していただけるととても嬉しいです!


愛用品


関連記事