typememo.jp

MacOS と HHKB の組み合わせで音声入力する方法

2020.07.25

#tech#hhkb#mac

Contents


はじめに

MacOS (本記事では MacMini) と HHKB の組み合わせで音声入力するのに、少し手間取りました.

本記事は,その備忘録になります.

Fn or Command キーを2回押すことを諦める

私の環境 (MacMini) では,HHKB の Fn キーを2回押しても,Command キーを2回押しても,音声入力することができませんでした.

どう頑張っても,ショートカットキーでは音声入力できませんでした.

なので,デフォルトのショートカットキーを利用することは諦めました.

ショートカットをカスタマイズする “Alt + Space キー”

そこで,カスタム設定することにしました.

ショートカットキーの登録は,次の画像のように,システム環境設定 => キーボード => 音声入力 で設定できます.

macos voice input setting

私の場合は Alt キー + Space キー に設定しました.

あとは適当なイアホンなどを MacMini に挿しておけば,MacMini で音声入力ができるようになります.

MacMini には音声入力装置が備わっていないので,外部音声入力装置が必要なんですね.

買って,使って,初めて知りました.笑

もう少し事前に調べておけばよかったです.

おわりに

ここ最近 (2020年時点) の音声入力はかなり精度が良いです.

機械的な処理なので,誤字脱字は多少ありますが,それでも十分に実用的です.

話しながら頭を整理できて,そのついでに音声でメモまで取れてしまうのですから,便利な時代になったものです.

音声入力は,英語の文章を日本語に直すときに重宝しています.

英文を頭から日本語で音声入力するので,おかしな順番の日本語になりますが,メモとしては十分です.

後で必要な部分をちゃんとした日本語に直せば良いだけなので,作業効率が上がりました.

この記事を読んでいる人は,HHKB をお持ちでタイピングが好きな人が多いと思いますが,たまには音声入力も使ってみてください.

最後までお読みいただき,ありがとうございました!


山田 武尊 / 立教大学(理学) / ACCESS CO LTD