typememo.jp

Gitlab のはじめ方

2019.12.02

#tech#git#gitlab

Contents


はじめに

本記事では GitLab に初めてのリモートプロジェクト (リモートリポジトリ) を作成し,作成したリモートプロジェクトをローカル環境にクローンするまでの手順を紹介します.

ちなみにですが,既存のディレクトリをリモートプロジェクトに紐つける方法はこちらの記事をご覧ください

GitHubGit について知らなくても大丈夫です.

必要なのは,メールアドレス だけです.

それでは参りましょう.

gitlab.com にアカウント登録する

まずは,gitlab.com にアクセスしてください.

アクセスしたら右上の Register をクリックして,アカウントを作成してください.

次の項目を入力して,アカウントを作成してください.

  • Full name
  • Username
  • Email
  • Email confirmation
  • Password

アカウントの作成が終わったら,続いて新規リモートプロジェクトを作成しましょう.

New project で新規プロジェクトを立ち上げる

アカウントを作成したら,右上の New project をクリックして,新規リモートプロジェクトを作成しましょう.

次の項目を入力して,新規プロジェクトを立ち上げましょう.

  • Project name
    • プロジェクト名です.なんでも良いです.
  • Project URL
    • プロジェクトの URL です. デフォルトの値のままで良いです. デフォルトでは https://gitlab.com/Username です
  • Project slug
    • プロジェクトの URL の Username/ 以下の部分です. デフォルトではプロジェクト名が小文字になっています. 編集したければご自由にどうぞ.
  • Visibility level
    • 世の中に公開したくなければ Private を選択してください. 公開しても良ければ Public を選択してください.
  • Initialize repository with a README
    • チェックを入れておけばいいです. README は最初に読んで欲しい文書のコードネームみたいなものです. 私を読んで という意味なので,名前からファイルの意味がわかるかもしれませんが. 最初 README をみた時は “はいっ? README ってなんですの?” でしたけどね.

全て入力したら,Create project をクリックすれば,新規プロジェクトが立ち上がります.

初プロジェクトの作成,おめでとうございます:)

リモートプロジェクトをローカル環境にクローンする

右上の Clone をクリックして,Clone with HTTPS をコピーしてください.

ターミナル or コマンドプロンプト を起動してください.

先ほど作成したリモートプロジェクトを保存したいディレクトリまで移動してください.

お目当てのディレクトリまで移動したら,以下のコマンドを実行して,作成したリモートプロジェクトをローカル環境にクローンします.

# ${Username} と ${ProjectName} はご自身のモノに書き換えてください!
git clone https://gitlab.com/${Username}/${ProjectName}.git

すると,以下のようなメッセージが出力されて,Clone 成功です. 初めての,git clone お疲れ様でした:)

Cloning into '${ProjectName}'...
remote: Enumerating objects: 3, done.
remote: Counting objects: 100% (3/3), done.
remote: Total 3 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (3/3), done.

References

GitLab について書籍で知りたい場合は GitLab実践ガイドをご覧ください.

Git について Web で詳細に知りたい場合は GitPro 公式サイト をご覧ください.

最後までお読みいただきありがとうございました:)


山田 武尊 / 立教大学(理学) / ACCESS CO LTD