eyecatch thumbnail

山手線一駅瞑想のすゝめ

Profile picture
Takeru Yamada
2020.12.12

Contents


はじめに

どうも,たける@typememo です.

筆者が考え出した,山手線一駅瞑想のやり方について紹介します.

山手線は約2–3分で次の駅に着くので,短い瞑想をするのには最適な時間だと思います.

この山手線一駅瞑想は参考資料の サーチ・インサイド・ユアセルフ p522分間でできるマインドフルネス から着想を得ました.

チャディー・メン・タン さん,この本を書いてくれてありがとうございます!

それでは,参りましょう.

参考:


山手線一駅瞑想のやり方

やり方はとても簡単です.

A 駅 => B 駅 の間,呼吸に集中するだけです.

呼吸に集中するってなんですか?

と思ったでしょう.

呼吸に集中する,とは,呼吸していることを自覚し呼吸の過程に注意を向け続ける,ということです.

呼吸の過程に向けている注意がそれたら,注意がそれたことを自覚し,また呼吸の過程に注意を戻します.

これを A 駅 => B 駅 の間,やるだけです.

とても,簡単です.

一駅くらいだったらできそうだな

と思っていただけたら目を閉じて,やってみてください.

実際にやってみると,すっきりして気分が良くなると思います.

いかがだったでしょうか?


おわりに

2分でできる山手線一駅瞑想を斡旋する記事でしたが,いかがだったでしょうか?

たった2分かと思うかもしれません.

ですが,やってみるとわかります.

たった2分でも呼吸に注意を向け続けるのはめちゃめちゃ難しいことに.

難しいですが,やってみると気分がスッキリすると思います.

電車がデッドタイムにならず,有効活用できることを祈っております.

最後までお読みいただきありがとうございました.

応援していただけるととても嬉しいです!


愛用品


関連記事