typememo.jp

山手線 内回り / 外回り 通勤ラッシュでも空いている車両を教えよう

2020.08.07

Contents


はじめに結論

山手線 内回り (品川 => 東京 => 池袋 => 新宿) は 最後尾の車両が最も空いている

山手線 外回り (新宿 => 池袋 => 東京 => 品川) は 先頭の車両が最も空いている

この情報さえ手に入れば,ここから先は読む必要ありません.

自分が目指すべき車両へ向かって歩き出してください!

山手線内回りは最後尾の車両が最も空いている

朝の通勤ラッシュって、すごく疲れますよね。 職場についた頃にはヘロヘロになっていることも多いかと思います。

自分は大学生の頃、山手線内回りに乗っていました。 朝の山手線って、まあまあ人が押しつぶされるくらい混むんですよね。

それでも、山手線内回りの最後尾は比較的空いています。

中央付近の出口に近い車両は、めちゃめちゃ混んでます。 それに比べて、最後尾は比較的空いているんですね。

朝の通勤ラッシュでも、少しでも楽に通勤されたい方は、 試しに最後尾の車両に乗ってみてください。

もう混雑状況は変わってしまっているかもしれません。 たまに見かける時は、まだ空いていたので大丈夫だと思いますが。

山手線外回りは先頭の車両が最も空いている

就職してからは山手線外回りに乗るようになりました.

はじめの2–3ヶ月で独自のリサーチを行った結果,先頭車両が最も空いていることがわかりました.

中央付近の車両は大きな駅で他の路線から乗り換える人で溢れかえります.

少しでも人が多い車両を避けたい方は,先頭車両を目指してください.

おわりに

自分は電車の混雑がとことん嫌いなタチなので、空いている電車を探すのが趣味でもあり特技でもあります。笑

自分がチェックしていたのは以下の5つです。

  • 空いている車両
  • 空いている電車の行先
  • 空いている電車の出発駅
  • 空いている時間
  • 空いているドア

このチェックポイントを抑えておけば、空いている車両探しも楽になるかなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました.

2020/08/07/Fri 追記

この記事,2020/08/07/Fri 時点で 232人の方々に読んでいただきました.

ありがとうございます!


Takeru Yamada